正しいデリケートゾーンケア

デリケートゾーンにおい対策ナビ

人に打ち明けにくい「におい」の悩み
それがデリケートゾーンのにおいだと特に、誰にも相談できなくなってしまいますよね。

さらに、ふとした瞬間に臭い!?と気付くと、どんな時もにおいのことが頭をかすめるようになってしまいます。

実は、女性でデリケートゾーンのにおいに悩んでいる人は、かなり多いようです。
でも相談しにくい話題なので、自己流のケアで済ませてしまいがち。

しかし、間違ったケアを続けていると、においの悪化やその他デリケートゾーンの重大なトラブルにつながる恐れがあります。
デリケートゾーンは、女性の体の中でも大事な器官。
正しいケアを日頃から行うことで、においをきちんと防ぎましょう。

女性のデリケートゾーンはにおいやすい

女性でデリケートゾーンのにおいに悩む人が多いのは、そもそもにおいやすい体の構造になっているためです。

汚れやすい構造

女性のデリケートゾーンは凸凹が多く、さらにアンダーヘアも生えていて、汚れがつきやすい状態。
人間自身の汚れは、においの発生源です。

デリケートゾーンには、性器からの分泌物が固まりこびりついた「恥垢(ちこう)」や、日常的に尿やトイレットペーパーも付着します。
皮脂に加えて汗で湿度も高くなり、衛生環境が悪化しやすいため、臭くなりやすいのです。

アポクリン腺がある

デリケートゾーンの大陰唇の両側には、「アポクリン腺」があります。

アポクリン腺はわきの下や耳、肛門、乳輪などの皮膚の下に存在する分泌腺。
アポクリン腺から分泌されるのは、たんぱく質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分が豊富に含まれている白濁した汗。これはわきがのにおいの原因となる成分です。
この成分を雑菌が分解すると、においを発します。

わきが体質の人は、一般的にアポクリン腺が大きく、範囲も広くあるそうです。
  そのためデリケートゾーンもにおいやすい体質と言えます。
しかし、わきが体質でなくても、アポクリン腺は誰にでもあるもの。
そのため、デリケートゾーンを清潔に保ち雑菌の繁殖を抑えることで、においを抑えるケアは必要です。

どんなとき&どんなことが気になっている?

気になるとき、気になることは人様々です。 それでは皆さんは、どんなとき、どんなことが気になるのでしょうか?

においが気になるとき

女性、男性が気になるときは、どんなときなのでしょうか? 見てみましょう。

女性が気になるとき

男性が気になるとき

においプラス気にしていることは?

デリケートゾーンで気になるのはなんといってもにおいですが、それ以外にも気にしていることはどんなことなのでしょうか?

女性が気にすること

男性が気になること

デリケートゾーンのにおいや黒ずみなど、治ればうれしいけど言いづらい男性がほとんどです。 また、においを気にしないようにしているなんて解答の男性もいました。 やはり、デリケートゾーンのトラブルは深刻ですね。

こんな人は要注意!

この項目に当てはまる人は、においがキツい可能性があります。 自分でチェックして、1つでも当てはまるようなら、要注意です。 正しいケアで、デリケートゾーンを清潔にキープしましょう!

デリケートゾーンのにおいの原因

においを作るのは、ずばり「菌」。

菌といっても、体の外から侵入した菌だけではありません。
本来デリケートゾーンの肌を守る菌である「常在菌」も、必要以上に増殖するとにおいを発生させます。

臭いのもと…菌が繁殖する原因

菌は高温多湿の場所を好み、増殖します。
たんぱく質を餌に繁殖し、吐き出した老廃物がにおいを発します。

菌の主な餌は、デリケートゾーンの汚れである恥垢や経血やおりもの。
アポクリン腺から分泌される汗もたんぱく質が豊富なため、菌にとっては大好物です。

服装や下着によって蒸れると菌が繁殖する

普段ズボンやストッキングをはいていることが多い人は、下着の中に湿気がこもりやすい状態。
デリケートゾーンは、どうしても衣服と下着を重ねることが多い箇所です。
湿度や汚れ、においが気になるときに備えて、正しい方法を知り、対処できるようにしておきましょう。

オリモノや経血による雑菌臭・アンモニア臭

主な原因はオリモノ、経血、垢&汗(アポクリン腺)の雑菌繁殖、雑菌の腐敗物でにおいも発生します。
雑菌が多く存在する尿やオリモノはにおいの原因になります。

また、拭き残りはアンモニア臭や雑菌臭の原因になりますのでしっかりと拭くように心がけましょう。

内蔵機能低下によってアンモニア臭がすることも

デリケートゾーンは汚れやすい部分で、アンモニアや雑菌が発生しやすい部分です。
アンモニア臭が発生する原因は、内蔵機能低下で解毒しきれないアンモニアが血中に流れているからです。
その結果、汗や皮膚からアンモニア臭が発生してしまいます。

病気のサイン?

急にデリケートゾーンのにおいが気になると、「もしかして病気の兆候?」と不安に考えてしまうかもしれません。
菌が繁殖しやすいデリケートゾーンではにおいが出ること自体は病気ではありません。

におい以外に病気のサインが出ていないかしっかりと見極めましょう! また、どうしても気になる場合は細菌性膣炎、トリコモナス膣炎、子宮頸がん、子宮内膜炎、淋病などの可能性もありますので、産婦人科を受信するのをおすすめします。

おりものの状態や痒みを確認

病気の兆候の場合、におい以外におりものの状態が変わったり痒みが出る場合もあります。

おりものの変化は具体的には量が増えたり、色が黄色や緑色に変わる、ポロポロとしたカッテージチーズ状のおりものが出るなどがあります。

これはあくまで目安なので、自己診断は危険です。一部の症状だけでは、病気を特定することはできません。
におい以外にも異変を感じたら、まずは病院で検査をしましょう。

デリケートゾーン正しいにおいケア

デリケートゾーンはにおいの出やすい箇所だからこそ、エチケットとして日頃から正しくケアしましょう。

洗うケア

においケアの基本中の基本である、デリケートゾーンの洗浄こそ意外と「正しい方法」を知らないのではないでしょうか。

基本的には、ぬるま湯だけでもしっかり洗うことができていれば、においの発生は抑えられます。
すでににおいが気になる人は、石鹸で丁寧に洗って、デリケートゾーンに溜まった汚れと肌をケアするのが効果的です。

しっかり泡立てて丁寧に洗う

女性のデリケートゾーンは細かい部分が多いため、指の腹を使って丁寧に洗います。 石鹸やボディソープは、手や泡立てネットでしっかりと泡立てましょう。

洗うときは前から順番に、陰毛、陰核、会陰とこすらずに泡で洗います。最後に肛門部分を洗います。しっかりすすいで、デリケートゾーンに石鹸の洗浄成分を残さないように気を付けましょう。

洗いすぎは禁物

丁寧に洗うことと、洗いすぎは別です。

ゴシゴシと強くこすったり、膣内まで洗うのはNG。 膣内の環境は弱酸性に保たれ、病原菌や細菌の侵入を防いでいます。
そこに洗浄成分が頻繁に入り込むと、その環境が壊され、膣で炎症が起きる場合もあります。

生理中など、皮膚が敏感になりがちな時は、特に注意してやさしく洗いましょう。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーンを洗うときは、デリケートゾーンのにおいケア専用の石鹸を使うのがベスト。
市販のボディーソープよりも肌にやさしいのに加えて、におい対策ができ、さらに美容成分に特化した石鹸も多くあります。黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑えてくれる効果があるのです。
 デリケートゾーンの黒ずみが気になるという女性も、きっと多いはず。
においと黒ずみ、デリケートゾーンのふたつのお悩みを同時に解決してくれる石鹸は嬉しいですね。

デリケートゾーン用の石鹸は、粘膜など肌が薄い箇所に使うものなので、化学合成の界面活性剤を使っていない天然成分のものがおすすめ。

インドネシアの「植物等から作られたくすり」であるジャムウをもとに作られた「ジャムウソープ」はご存じですか?
デリケートゾーンケアに必要な、低刺激、消臭、肌ケアを備えたボディソープです。

ヴィーナスラボの「ジャムウクリアナノソープ」は、12種類の天然成分で消臭、美容効果を発揮してくれます。

大事な部分を洗う石鹸なので、成分と効果が確かなものを選びましょう。

デリケートゾーンの正しい洗い方


皆さん、正しい洗い方はご存じですか?
正しい洗い方をマスターして、ケアしていきましょう。

1.石鹸をしっかり泡立て、指の腹を使って優しく泡で洗浄するようにします。

2.陰毛、性器の細かい部分、肛門へと洗っていきます。
※また、膣内を洗浄する必要はありません。

3.洗い流しはぬるめのお湯でしっかり流しましょう。
※熱すぎると、余計な刺激を与えたり、健康な菌まで殺してしまいます。
必ず、ぬるめのお湯で洗い流すようにしましょう。

さらに泡パックでしっかりにおいケア!

デリケートゾーンの泡パックが効果的です。
洗浄後、泡パックを2~3分することで、においの除去に役立ちます。

デリケートゾーン専用の石鹸を使用するのがベストです。
洗顔にも適しているので、デリケートゾーンの黒ずみ解消にも効果的なのです。

清潔に保つ

デリケートゾーンは分泌物や尿だけでなく、汗や皮脂によって汚れが溜まりやすい部分。 1日1回の洗浄に加えて、日中も清潔に保つ工夫をして、においケアをしましょう。

通気性の良い下着

下着を通気性の良い天然素材のものにかえてみましょう。 特にシルクやコットンは、汗の吸収や湿度の調節に適した素材。
オーガニックコットンの肌着は、無印良品で手ごろな価格で購入できます。 肌触りも心地よく、シンプルながら種類も豊富なので、下着のラインナップに加えてみてはいかがでしょうか。

外出時のケア

外出先でデリケートゾーンをケアできる、ウェットティッシュがあります。

ソフィの「デリケートウェットシート」は、洗浄トイレやビデが無いときに、トイレでサッと汚れをふき取ってそのまま流せます。 臭いかも、と思ったらすぐにケアできるので、化粧ポーチに入れておくと便利です。

スキンケア

肌表面の栄養不足や保湿不足は、菌が過剰繁殖する肌トラブルの原因になります。 におい対策と同時に予防として、デリケートゾーンもスキンケアをしましょう。

かゆみケア

デリケートゾーンのかゆみやかぶれには、早めの対処が必要です。 かゆみは放置すると悪化するだけ。すぐにデリケートゾーン用の皮膚薬でかゆみを鎮めましょう。

デリケートゾーン用のかゆみ止め薬に、「フェミニーナ軟膏」があります。デリケートゾーンのかゆみやかぶれに効果的な、薬局で買える薬です。ステロイド剤が入っていないので、デリケートゾーンだけでなく全身のかゆみに使えるのも嬉しいところ。

薬を塗って3~5日してもかゆみが改善しない時は、婦人科を受診しましょう。
炎症がひどく、湿疹がある時はカンジダ膣炎の可能性もあります。 カンジダ膣炎の可能性がある場合、一度診察を受けましょう。再発の場合には薬局で購入できる治療薬があります。

女性のデリケートゾーンは非常に繊細で、においもかゆみも起こりやすい場所。 初期段階できちん対処し、悪化を防ぎましょう。

ニキビケア

デリケートゾーンは毛穴が多く、ひとつひとつが大きく深いため、ニキビにも注意が必要。 デリケートゾーンのニキビは下着や衣服のこすれやムレで、非常に治りにくく、跡になることも多いです。 ニキビが出来やすい人は、保湿と洗浄で日頃からケアをしましょう。

また、体ニキビの原因は、疲れや寝不足でホルモンバランスが乱れている可能性があります。 生活リズムを整えることが、スキンケア効果を高め、ニキビの予防につながります。

デリケートゾーン専用美容液

ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンなど、顔に使うスキンケア成分を配合したデリケートゾーン専用美容液もあります。

専用の美容液でスキンケアをすることで、においや黒ずみをケアすることはもちろん、肌のハリにも効果があります。 デリケートゾーンは皮膚が薄く、ダメージにもさらされやすい、年齢が出やすい箇所。
日頃の悩みを解消できる美容液で、エイジングケアもできるのは嬉しい効果ですね。

免疫力の向上

疲れや寝不足、風邪などで体の免疫力が低下すると、常在菌のバランスが崩れ、雑菌の侵入を許してしまいます。

カンジダ膣炎の予防

デリケートゾーンのトラブルでよく耳にするカンジダ膣炎は、デリケートゾーンの常在菌「カンジダ菌」の過剰繁殖が原因。
カンジタ菌は体の抵抗力が落ちたときに繁殖しやすくなるため、免疫力を高めることが予防につながります。

カンジダ膣炎になると強いかゆみに加えて、カッテージチーズのようなおりものが発生します。 かゆみ止めでは治らないため、発症したときには婦人科を受診して治療しましょう。

ストレスや疲れを溜めない

免疫力を高めるには、生活習慣を整え、体にストレスや疲れを溜めないことが大切。

不規則な生活リズムは、気付かないうちに体に負担をかけます。
できるだけ毎日同じ時間に起床し、1日3食きちんと食事を摂り、生活のサイクルを作るだけでも免疫力アップに効果的。

しっかりと睡眠をとり、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

食生活の改善

デリケートゾーンのにおいには、食べ物も影響しています。

においの原因になる食べ物

食品添加物が多いジャンクフードは気になるにおいにつながります。
ジャンクフードばかり食べているという人は、食生活の改善だけでもにおいが軽減するかもしれません。
他にも赤身肉やにおいの強い野菜などは、体のにおいの元になります。
これらはなるべく避けるべき、というわけではありませんが、食べ過ぎには注意しましょう。

においを防いでくれる食べ物

抗酸化作用のある食べ物は、デリケートゾーンのにおいを抑えてくれます。
βカロテンの多いにんじんやビタミンCの多いフルーツなどがオススメです。
また、アルカリ性の食べ物もにおいの抑制に効果的。梅干しや海藻、こんにゃくなどを食べる機会を増やしてみてはいかがでしょうか。

消臭サプリを服用する

最近では飲んでいるだけで体臭を緩和できるサプリもあります。
消臭だけではなく、ローズなど良いにおいが出るようになる商品もあります。

初回1,000円以下で購入できる商品も多くあるので簡単にケアしたいという方にはおすすめです。

ムダ毛ケア

デリケートゾーンのムダ毛の量や範囲を整えて、湿気や汚れの付着を防ぎましょう。

自己処理後にはアフターケア

デリケートゾーンを自己処理している人は、必ずアフターケアも適切に行いましょう。
自己処理は肌に負担の少ない方法で行ってください。 はさみやヒートカッターで短く整えたあとに、肌を保湿しながら電気シェーバーで剃る方法がおすすめ。
アフターケアは、クリームやジェルで保湿しましょう。
デリケートゾーン専用の美容液も、刺激にならないものを選んで、自己処理のダメージを補修しましょう。

脱毛は効果的

意外に感じる人も多いかもしれませんが、脱毛はデリケートゾーンのにおい予防に効果的です。

ムダ毛を減らし、最終的になくすことで、ムレや汚れの原因を解消できます。
さらに脱毛すれば肌にムダ毛が触れることもなくなるので、肌トラブルの頻度も減ります。 生理ナプキンなどによるムレも軽減できるので、においも減り、生理期間中も快適に過ごせます。

医師に相談

デリケートゾーンのにおいが気になってもすぐに病気と断定する必要はありませんが、不安に思う時は医療機関を受診しましょう。
「急ににおいが強くなった」「おりものに異変があらわれた」という場合は、いつから、どのようになど詳しく医師に相談できるようにしておきましょう。
自分の体にきちんと関心を持って、異変に対応しましょう。

産婦人科と婦人科どっち?

女性特有の悩みは、産婦人科と婦人科で診察できます。 学生や若い女性の場合は、婦人科のほうが行きやすいかもしれません。

病院の様子や、医師のことを詳しく知りたいときは、事前にインターネットなどで調べてみましょう。 自分にとって通いやすい病院や、信頼できる医師を見つけて、治療をしましょう。

デリケートゾーン間違ったにおいケア

香水をかける

ラブタイムの前に香水をデリケートゾーン付近にかけて、においをごまかしている人もいます。 しかし、彼には余計に苦痛になっている場合も! においが混ざって、悪臭になってしまうんです。

消臭スプレーをかける

消臭スプレーでのケアも肌にしみてしまうこともあり、あまりデリケートゾーンにはよくありません。

ビデを使ってキレイにする

ビデを使って膣内をキレイにすると、すっきりした感じがするので、良いと思われがちです。 しかし、ビデを使用すると、膣内の健康なバクテリアのバランスを崩してしまい、においの原因となることも…。

自信につながるデリケートゾーンケアを!

デリケートゾーンのにおいは、誰にも言えずひとりで抱え込んで悩んでしまう女性も多いです。
しかし、人間である以上、日々汚れは出てくるもの。汚れによってにおいが出るのも自然なことです。 あまり神経質になりすぎず、きちんとケアすることで予防も改善もできます。

普段見えない部分を丁寧にケアすることは、女性としての自信にもなります。 においを気にせず、あなたらしく自然体で過ごせるようになれば、プライベートタイムの充実にもつながります。

女性ならではのエチケットとして、ぜひ今日から正しいデリケートゾーンケアを始めましょう!

ウソでしょ!?デリケートゾーンのにおいで彼氏にフラれることも!

デリケートゾーンは、恋愛と深い関わりがあります。 普段から、ちょっとにおいを気にしている女性は、それが原因で体の関係を躊躇してしまうことも……。 でも女性なら誰だって、彼氏ともっともっと深い関係をつくっていきたいですよね

…続きを読む >

デリケートゾーンのにおい、かゆみが気になる!原因と対策法は?

女性のデリケートゾーンに関して多い悩みが、「におい」と「かゆみ」です。 他人から相談を受けることもないから、「もしかして自分だけ?」と思っている人も多いでしょう。 しかし、においやかゆみに悩んでいる女性は半数以上。 けっ

…続きを読む >

デリケートゾーンのにおいに人気の「フロプリー」その効果の秘密とは?

デリケートゾーンのニオイに関しては、仲の良い友達や家族にもなかなか相談できず人知れず悩んでいる方が多いものです。 女性同士でも話題にしづらい悩みなので、正確な知識がなかなか得られないのが現状です。 こちらでは、デリケート

…続きを読む >

デリケートゾーンに【ピーチジョン】の専用オイル!3分ケアでニオイや黒ずみ撃退!

女性にとって、デリケートゾーンはとても大切な場所です。 デリケートゾーンのニオイや黒ずみを気にしたことは女性ならあると思います。 なんと!約66%の女性がニオイや黒ずみで悩みをかかえています!! 最も人には言えない悩みの

…続きを読む >

使いやすさ抜群!ロンタルハーバルジェルソープで臭い&黒ずみケア

デリケートゾーンの臭いや黒ずみが気になることはありませんか? そんな悩みを持っている人は案外と多いんです。 そのため、デリケートゾーンのケア商品は様々なものが出ています。 その中で、欠品が出るほど人気にある「ロンタルハー

…続きを読む >

オーガニック配合のピンキープラウドでニオイ&黒ずみを解消!

皆さん、デリケートゾーンのニオイや黒ずみに悩み続けていませんか? デリケートゾーンのニオイや黒ずみ問題はもうあきらめている!という人も結構いるのではないでしょうか? しかし、最近はデリケートゾーンのニオイ&黒ずみケア商品

…続きを読む >

除菌率ほぼ100%?アソコのニオイにデオプラスラボ プラチナム

デリケートゾーンのニオイはいつでも気になりますよね。 おそらく気にならない女性はいないのではないでしょうか。 そんなアソコのニオイは男性も気にしていて、なんとニオイが恋愛に関わってくるほどなんだそうです。 これは深刻な問

…続きを読む >

優秀すぎる?プリンセスアンダーでアソコのにおいとおさらば!

デリケートゾーンのにおいが気になったことはありますか? デリケートゾーンのにおいという悩みは、女性の体の悩みでトップに入ります。 人に相談出来ないけど、気になっているという人が多いんです。 女性のデリケートゾーンは男性と

…続きを読む >

大人女子のデリケートゾーンに新エチケット! シェリーケアデリケートウォッシュで快適♪

多かれ少なかれ人の体からは、さまざまな臭いが発生しています。 愛しい人の体臭はさほど気にならないものの、嫌いな人の臭いは鼻につくものです。 体臭の内でもデリケートゾーンの臭いは、気になるものです。 特に女性は、体調や生理

…続きを読む >

オリモノの臭いが気になる!それって危険なサインかも!?

仲のいい友人にも話しにくい悩みってありますよね。 「おりもの」の悩みもその一つです。 デリケートゾーンに関することだけに、相談もしにくいものです。 でも、相談しにくいからといって、そのままにはしないようにしましょう。 お

…続きを読む >

PAGE TOP