人に打ち明けにくい「臭い」の悩み。
それがデリケートゾーンに限ってしまうと、誰にも相談できなくなってしまいますよね。 さらに、ふとした瞬間自分の臭いに気付くと、どんな時も臭いのことが頭をかすめるようになってしまいます。

実は、女性でデリケートゾーンの臭いに悩んでいる人は、かなり多いようです。
前述したように家族にも相談しにくい話題となると、自己流のケアで済ませてしまいがちです。

しかし、間違ったケアを続けてしまうと、臭いの悪化や重大なトラブルにつながる恐れがあります。 デリケートゾーンは、女性の体の中で大事な器官です。
正しい臭い対策をして、デリケートゾーンを日頃からケアしましょう。

女性のデリケートゾーンは臭いやすい

女性でデリケートゾーンの臭いに悩む人が多いのは、そもそも臭いやすい体の構造になっているためです。

汚れやすい構造

女性のデリケートゾーンは凸凹が多く、さらにアンダーヘアも生えて、汚れがつきやすい状態になっています。 人間自身の汚れは、臭いの発生源です。

デリケートゾーンには、性器からの分泌物が固まりこびりついた「恥垢(ちこう)」や、日常的に尿やトイレットペーパーも付着します。 皮脂に加えて、汗で湿度も高くなり、衛生環境が悪化しやすいと言えます。

アポクリン腺がある

デリケートゾーンの大陰唇の両側には、「アポクリン腺」があります。

アポクリン腺はわきの下や耳、肛門、乳輪などの皮膚の下に存在する分泌腺です。
アポクリン腺から分泌されるのは、たんぱく質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分が豊富に含まれている白濁した汗です。 この成分を、雑菌が分解することで、臭いを発します。

わきが体質の人は、一般的にアポクリン腺が大きく、範囲も広くあるそうです。
しかし、わきが体質でなくても、アポクリン腺自体は誰にでも存在します。 そのため、デリケートゾーンを清潔に保ち、雑菌を抑えることで、必要以上の臭いを抑えるケアは必要です。

デリケートゾーンの臭いの正体

臭いを作るのは、ずばり「菌」です。

菌といっても、体の外から侵入した菌だけではありません。 本来デリケートゾーンの肌を守っていた菌である「常在菌」も、必要以上に増殖することで、臭いを発生させます。

高温多湿の環境

菌は高温多湿の場所を好み、増殖します。 たんぱく質を餌に繁殖し、吐き出した老廃物が大量に残り、それが臭いになります。

デリケートゾーンの汚れである、恥垢や経血、おりものが菌の主な餌となります。 アポクリン腺から分泌される汗もたんぱく質が豊富なため、菌にとっては大好物です。

雑菌が繁殖しやすい

デリケートゾーンは、菌の増殖にうってつけの環境です。
常在菌の過剰繁殖によって、肌のバリア機能が弱まると、外から侵入する雑菌も繁殖します。

だからと言って、湿度がなくなると、常在菌が機能しなくなり、それで雑菌も侵入します。 雑菌による肌トラブルも、デリケートゾーンの臭いとなってしまいます。

安定した湿度と、肌の清潔を保つことが、臭い対策には必要となります。

服装や下着

普段ズボンやストッキングをはいていることが多い人は、下着の中に湿気がこもりやすくなります。
どうしても衣服と下着を重ねることが多い箇所です。湿度や汚れが気になるときに備えて、正しい方法を確認して、対処できるようにしておきましょう。

病気のサイン?

急にデリケートゾーンの臭いが気になると、「もしかして病気の兆候?」と不安に考えてしまいます。 デリケートゾーンの環境も原因にあり、臭いが出ること自体は病気ではありません。

しかし、婦人科系の病気のサインであることも事実です。
婦人科系の病気で、デリケートゾーンから臭いを発するものとしては、細菌性膣炎、トリコモナス膣炎、子宮頸がん、子宮内膜炎、淋病が一例としてあります。

おりものの状態

病気の兆候の場合、臭い以外にもおりものの状態が変わるなどの症状もあります。
おりものの量が増えたり、色が黄色や緑色に変わる場合があります。例えば、ポロポロとしたカッテージチーズ状のおりものが出たときは、カンジダ膣炎の疑いがあります。
これはあくまで目安なので、自己診断は危険です。一部の症状だけでは、病気を特定することはできません。
異変を感じたら、まずは病院で検査をしましょう。

デリケートゾーン正しい臭いケア

臭いの出やすい箇所だからこそ、エチケットとして、日頃から正しくケアをしましょう。

洗うケア

臭いケアの基本中の基本である、洗浄こそ意外と「正しい方法」を知らないのではないでしょうか。

基本的には、普段からぬるま湯だけでも、しっかり洗うことができていれば、臭いの発生にはつながりにくいです。
すでに臭いが気になる人は、洗浄料で丁寧に洗って、溜まった汚れと肌をケアしましょう。

しっかり泡立てて丁寧に洗う

女性のデリケートゾーンは細かい部分が多いため、指の腹を使って丁寧に洗います。 石鹸やボディソープは、手や泡立てネットでしっかり泡立ててください。

洗うときは前から順番に、陰毛、陰核、会陰とこすらずに泡で洗います。最後に肛門部分を洗います。しっかりすすいで、洗浄成分を肌に残さないように気を付けましょう。

洗いすぎは禁物

丁寧に洗うことと、洗いすぎは別です。

ゴシゴシと強くこすったり、膣内まで洗う必要はありません。 膣内の環境は弱酸性に保たれ、病原菌や細菌の侵入を防いでいます。
そこに洗浄成分がたびたび入り込むと、その環境が壊され、膣で炎症が起きる場合もあります。

生理中など、皮膚が薄くなりがちな時は、特に注意してやさしく洗いましょう。

デリケートゾーン専用ボディソープ

デリケートゾーンの臭いケア専用のボディソープもあります。
デリケートゾーンの臭い対策と美容成分に特化したもので、汚れを落とすだけでなく、黒ずみケアもできるものが多くあります。

粘膜など、肌が薄い箇所に使うものなので、化学合成の界面活性剤を使わない、天然成分のものがおすすめです。

インドネシアの「植物等から作られたくすり」であるジャムウをもとに作られた「ジャムウソープ」はご存じですか?
デリケートゾーンケアに必要な、低刺激、消臭、肌ケアを備えたボディソープです。

ヴィーナスラボの「ジャムウクリアナノソープ」は、12種類の天然成分で消臭、美容効果を発揮してくれます。

大事な部分を洗うものなので、成分と効果が確かなものを選びましょう。

清潔に保つ

分泌物や尿だけでなく、汗や皮脂によって汚れが溜まりやすい部分です。 1日1回の洗浄に加えて、日中も清潔に保つ工夫をして、臭いケアをしましょう。

通気性の良い下着

下着を通気性の良い天然素材のものにかえてみましょう。 特に、シルクやコットンは、汗の吸収や湿度の調節に適しています。
オーガニックコットンの肌着は、無印良品で手ごろな価格で購入できます。 肌触りも心地よく、シンプルながら種類も豊富なので、下着のラインナップに加えてみてください。

外出時のケア

外出先でデリケートゾーンをケアできる、ウェットティッシュがあります。

ソフィの「デリケートウェットシート」は、洗浄トイレやビデが無いときに、トイレでサッと汚れをふき取ってそのまま流せます。 臭いや汚れが気になるときに、すぐにケアできるので、化粧ポーチに入れておくと便利です。

スキンケア

肌表面の栄養不足や保湿不足は、菌が過剰繁殖する肌トラブルの原因になります。 臭い対策と同時に予防として、デリケートゾーンもスキンケアをしましょう。

かゆみケア

かぶれやかゆみには、早めの対処が必要です。 かゆみは放置すると悪化するだけなので、デリケートゾーン用の皮膚薬でかゆみを鎮めましょう。

デリケートゾーン用のかゆみ止め薬に、「フェミニーナ軟膏」があります。ステロイド剤が入っていないので、デリケートゾーンだけでなく全身のかゆみに効果があります。

薬を塗っても3~5日で症状が改善しない時は、婦人科を受診しましょう。
また炎症がひどく、湿疹があるときはカンジダ膣炎の可能性もあります。 カンジダ膣炎の場合は、一度診察を受けて、再発の場合は薬局で直接購入できる治療薬があります。

女性のデリケートゾーンは非常に繊細で、臭いとかゆみは起こりやすくなっています。 初期段階できちん対処し、悪化を防ぎましょう。

ニキビケア

デリケートゾーンは毛穴も多く、ひとつひとつが大きく深いため、ニキビにも注意が必要です。 デリケートゾーンのニキビは下着や衣服のこすれやムレで、非常に治りにくく、跡になることも多いです。 ニキビが出来やすい人は、保湿と洗浄で日頃ケアをしましょう。

また、体ニキビの原因は、疲れや寝不足でホルモンバランスが乱れている可能性があります。 生活リズムを整えることが、スキンケア効果を高めます。

デリケートゾーン専用美容液

ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンなど、顔に使うスキンケア成分を配合したデリケートゾーン専用美容液もあります。

専用の美容液でスキンケアをすることで、臭いや黒ずみをケアすることはもちろん、肌のハリにも効果があります。 デリケートゾーンは皮膚が薄く、ダメージにもさらされやすい、年齢が出やすい箇所です。
日頃の悩みを解消できる美容液で、エイジングケアもできるのは嬉しい効果ですね。

免疫力の向上

疲れや寝不足、風邪などで体の免疫力が低下すると、常在菌のバランスが崩れ、雑菌の侵入を許してしまいます。

カンジダ膣炎の予防

デリケートゾーンのトラブルでよく耳にするカンジダ膣炎は、デリケートゾーンの常在菌「カンジダ菌」の過剰繁殖が原因です。
カンジタ菌は体の抵抗力が落ちたときに繁殖しやすくなるため、免疫力を高めることが予防につながります。

強いかゆみに加えて、カッテージチーズのようなおりものが発生します。 かゆみ止めでは治らないため、発症したときには婦人科を受診して治療しましょう。

ストレスや疲れを溜めない

免疫力を高めるには、生活習慣を整え、体にストレスや疲れを溜めないことが大切です。

不規則な生活リズムは、気付かないうちに体に負担をかけます。 できるだけ毎日同じ時間に起床し、1日3食きちんと食事を摂り、生活のサイクルを作るだけでも効果的です。

しっかりと睡眠をとり、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

ムダ毛ケア

デリケートゾーンのムダ毛の量や範囲を整えて、湿気や汚れの付着を防ぎましょう。

自己処理後のアフターケア

デリケートゾーンを自己処理している人は、必ずアフターケアも適切に行いましょう。
自己処理は肌に負担の少ない方法で行ってください。 はさみやヒートカッターで短く整えたあとに、肌を保湿しながら電気シェーバーで剃る方法がおすすめです。
アフターケアは、クリームやジェルで保湿しましょう。 デリケートゾーン専用の美容液も、刺激にならないものを選んで、自己処理のダメージを補修しましょう。

脱毛は効果的

意外に感じる人も多いかもしれませんが、脱毛はデリケートゾーンの臭い予防に効果的です。

ムダ毛自体を減らし、最終的になくすことで、ムレや汚れの原因を解消できます。
さらに肌にムダ毛が触れることもなくなるので、肌トラブルの頻度も減ります。 特に実感する、生理ナプキンなどによるムレが軽減できるので臭いも減り、生理期間中も快適に過ごせます。

デリケートゾーンの脱毛を考えているならチェック

医師に相談

すぐに病気と断定する必要はありませんが、不安に思う時は医療機関を受診しましょう。
「急に臭いが強くなった」「おりものに異変があらわれた」という場合は、いつから、どのようになど詳しく医師に相談できるようにしておきましょう。
自分の体にきちんと関心を持って、異変に対応しましょう。

産婦人科と婦人科どっち?

女性特有の悩みは、産婦人科と婦人科で診察できます。 学生や若い女性の場合は、婦人科のほうが行きやすいかもしれません。

病院の様子や、医師のことを詳しく知りたいときは、事前にインターネットなどで調べてみましょう。 自分にとって通いやすい病院や、信頼できる医師を見つけて、治療をしましょう。

自信につながるデリケートゾーンケアを!

デリケートゾーンの臭いというのは、誰にも言えず、ひとりで抱え込んで悩んでしまう女性も多いです。
しかし、人間である以上、日々汚れは出てくるものです。 あまり神経質になりすぎず、きちんとケアをすることで予防も改善もできます。

普段見えない部分を丁寧にケアすることは、女性としての自信にもなります。 臭いを気にせず、あなたらしく自然体で過ごせるようになれば、プライベートタイムの充実にもつながります。

女性ならではのエチケットとして、ぜひ今日からデリケートゾーンケアを始めましょう!

デリケートゾーン脱毛で人気のサロンはコチラ⇒http://xn--vio-li4be9syeu763cretb.com/